menu01_2.jpgmenu01_2.jpg

浄瑠璃

浄瑠璃は「語り物」の一つで長唄・小唄などの「唄い物」と区別されている。

menu05.jpgmenu05.jpg

常磐津

延享4年(1747)、初世常磐津文字太夫によって創流。歌舞伎伴奏音曲の一つ。

menu06_1.jpgmenu06_1.jpg

小文字太夫

歴代の常磐津家元文字太夫の前名として用いられている。当代で十二代目。

menu10_1.jpgmenu10_1.jpg

曲目一覧

百超の曲が常時上演され稀曲廃曲を含めれば三百を超える。

menu15_1.jpgmenu15_1.jpg

協会と保存会

常磐津協会と関西常磐津協会。常磐津節保存会は流派重鎮で組織されている。

menu14_1.jpgmenu14_1.jpg

用語集

常磐津は歴史ある浄瑠璃の一つである事から専門的な用語が数多く存在する。

menu11_2.jpgmenu11_2.jpg

松壽千年翠

写真で見る常磐津近代百年史。松壽千年翠は禅語。

menu07.jpgmenu07.jpg

出演情報

小文字太夫の過去の出演履歴と今後の出演情報。

menu09_2.jpgmenu09_2.jpg

演目解説

常磐津に伝わる名曲の数々を錦絵と共に詞章解説。

menu13_2.jpgmenu13_2.jpg

見聞録

見聞きし考察を踏まえたコラム。覚え書など。

menu04.jpgmenu04.jpg

道具一式

常磐津で用いられる御道具一式の紹介。家紋など。

menu12_1.jpgmenu12_1.jpg

参考文献

常磐津節を読み解くための資料集。