HOME > 歴代小文字太夫



初世小文字太夫は初世文字太夫の弟弟子として宮古路豊後掾について豊後節で学び、常磐津が創流されてからは袂を分かち、富本節を創流。

この富本節からは清元節が創流され、常磐津、富本、清元は合わせて豊後三流と呼ばれている。

二代目小文字太夫以降は、常磐津家元文字太夫の前名として用いられている。

初世小文字太夫

komoji1.jpg

享保元年(1716)-明和元年(1764)
宮古路豊後掾の門弟。宮古路品太夫から宮古路小文字太夫と改名。1747年に兄弟子である宮古路文字太夫(後の初代常磐津文字太夫)が常磐津節を創設した時に初代常磐津小文字太夫と改名し脇語りを勤め補佐する。1748年に独立して富本豊志太夫と名乗り富本節を興した。1749年に受領して「富本豊前掾藤原敬親」となる。その後1760年に再び受領して「富本筑前掾」となる。
(画像は富本豊前掾の時のもの)

二世小文字太夫

komoji2.jpg

寛政4年(1792)- 文政2年(1819)
後の常磐津八世家元・三世文字太夫。
六世家元・初世文字太夫妻から承諾を得て一代限りの条件で七世家元・二世文字太夫となった越後屋佐六の子息。1799年には若年で小文字太夫を襲名。1807年には江戸三座のひとつ山村座で立語りをつとめ、1808年に元服。同年、七世市川團十郎の舎弟となり継続的に江戸三座に出勤。1819年には文字太夫を襲名するが、病気のため28歳の若さで早世する。

三世小文字太夫

komoji3.jpg

文化元年(1804)- 文久2年(1862)
後の九世家元・四世文字太夫。六世家元・初世文字太夫の曾孫。後の初世豊後大掾。
初世文字太夫の次娘が二世市川門之助に嫁ぎ初世市川男女蔵を出産。その子息であることから幼少期は市川男熊の名で役者をしていたが家元不在、また、血縁者であることから後継者として常磐津家元に迎えられる。1820年には江戸三座番付筆頭となり、河原崎座で四世尾上菊五郎が口上を述べる。1823年には七世市川團十郎が烏帽子親となり、1850年には嵯峨御所から初世豊後大掾藤原昶光を受領。現存する常磐津の数々の名曲を岸澤古式部(三味線方)とともに作曲するが、全段常磐津出語りの「三世相錦文章」に端を発し、1860年には常磐津家元と岸澤派が分離してしまう。

四世小文字太夫

komoji4.jpg

文政5年(1822)- 明治2年(1869)
後の十世家元・五世文字太夫。九世家元・四世文字太夫の養子。
15歳の時に家元の養子となり、1837年に養子親三世小文字太夫が四世文字太夫と名を改めた折、四世小文字太夫を襲名する。1857年に五世文字太夫を襲名したが初世豊後大掾との確執が生じ家元家を離縁されてしまう。1861に六世兼太夫を襲名し劇聖九世市川團十郎に重宝された。青年時は器量がよく八世市川團十郎に次ぐ人気があったという話もある。

五世小文字太夫
生没年不詳。
九世家元・四世文字太夫の養子。桐生の生まれであることから新安・桐生小文字と俗称される。
五世文字太夫が離縁されたため養子に迎えられる。1858年に五世小文字太夫を襲名。1862年に初世豊後大掾が没すると江戸三座で立語りをつとめるようになる。その後家元家を離縁され、1863年、中村座の顔見世番付筆頭に記されたのを最後とし、故郷の上州桐生に帰り静かに没したとされる。

六世小文字太夫

komoji6.jpg

天保12年(1841)- 明治5年(1872)
十一世家元。九世家元・四世文字太夫の実子。常岡佐六。通称は佐六文中。
義兄弟の五世文字太夫・四世小文字太夫が相次いで離縁されたため若くして家元の後継者となる。1865には、名優四世市川小團次が座頭をつとめ、江戸三座座主、團菊左が揃った60年ごとに開催される中村座寿狂言口上の錦絵に描かれている。1869に中村座で三世文字太夫五十回忌・初世市川男女蔵三十七回忌・四世文字太夫七回忌と称し「助六」など全四段の浄瑠璃を一門総出で上演。明治維新後には常磐津、初世家元前名の頭文字をそれぞれ取り苗字を得た。31歳で早世してしまうが、その後は妻ツネが流儀をよく取りまとめる。

七世小文字太夫

komoji7.jpg

天保13年(1842)- 明治35年(1902)
十二世家元。佐六文中妻である常岡ツネの養子。山蔭(常岡)忠助。後の初世常磐津林中。
幼少のころ和登太夫に入門し小和登太夫を許される。その後に初世豊後大掾の内弟子となり、1862年に初世豊後大掾が没すると初世松尾太夫の門下となる。1879年には二世松尾太夫を名乗っていたが、新富座座元の十二世守田勘弥の世話で家元家に養子に入り七世小文字太夫を襲名。1882年には1860年以来分れていた常磐津三味線方岸澤派との和解を成立させ、1884年には記念曲として「松島」を作曲。1886年に林中と名を改め、1891年には家元家を故あって離れる。豪快で自由闊達、変幻自在の語り口で近世邦楽史不出世の名人とされ、五世清元延寿太夫(清元家元)、四世吉住小三郎(慈恭。長唄研精会創始)など他流の名人からも一目置かれる。明治39年の万朝報には「名人と称へられたるは、僅かに能楽の梅若六郎(五十二世。初世梅若実)、宝生九郎(宝生流十六世宗家)と常磐津の林冲と三人なりし…」と高い評価を受けている。また、明治維新の功労者の一人、後藤象二郎は林中の語り口を非常に好んでいた。

八世小文字太夫

komoji8.jpg

嘉永4年(1851)- 昭和5年(1930)
十四世家元・六世文字太夫。佐六文中妻である常岡ツネの養子。常岡丑五郎。後の二世豊後大掾。
常磐津浪花太夫を名乗っていたが、佐六文中妻ツネ(十三世預家元太夫文中)の養子となり、1888年に八世小文字太夫を襲名。1889年には第1期歌舞伎座において専属で起用されることが決まる。九世市川團十郎により制定された新歌舞伎十八番や活暦物松羽目物能取物を数多く初演し、常磐津節を近代歌舞伎と社会に定着させた功労者。「音声は少々低けれども天晴常磐津純粋の節語り由」「豊後の節廻し得も云われぬ妙味」「小音であるが技巧に優れていた」など評価が高く、色気の要する段物などを得意とし、小音ではあったが一説では名人林中よりも巧みであったとされる。黒田清隆内閣総理大臣の招聘に応じて御邸にて仮名手本忠臣蔵七段目を一段語ったところ大変喜ばれたという。東京音楽学校(現東京藝術大学)の嘱託となり、初世文字太夫からの出演記録「常磐種」の再興、常磐津節の五線譜化に協力した。1926年に甥子九世小文字太夫に七世文字太夫を譲り、自身は二世豊後大掾(参考錦絵)となる。還暦を過ぎたころには歌舞伎出勤は門弟に任せ各種の演奏会に出演し続け、浄瑠璃としての常磐津節の魅力を一般射会に広く浸透させた。1927年には第1期常磐津協会に六世岸澤古式部とともに相談役になり、常磐津家元と三味線方岸澤家の和睦に尽力し、温厚な人柄で流儀をよく取りまとめた。

九世小文字太夫

komoji9.jpg

明治30年(1897)- 昭和26年(1951)
十五世家元・七世文字太夫。十四世家元・六世文字太夫の甥子。常岡鑛之助。
六世文字太夫に実子がいなかったため妻きよの弟の子である鑛之助が家元家に養子入りする。兄は流儀の大番頭格常磐津政太夫。1925に九世小文字太夫を襲名、1926年には歌舞伎座で七世文字太夫の襲名会を行う。1927年には第1期常磐津協会の初代会長となり、永きにわたる常磐津家元と三味線方岸澤家のいさかいが完全に終結する。その後関西に発展を目指し設立された関西常磐津協会の会長も兼任する。1934年には歌舞伎座に於いて二世豊後大掾の追善演奏会を開催。口上を市川三升(十世市川團十郎)、六世尾上菊五郎七世坂東三津五郎、四世市川男女蔵(三世市川左團次)が述べて、二世花柳壽輔(壽應)が「老松」で出演した。

十世小文字太夫

komoji10.jpg

大正7年(1918)- 平成3年(1991)
十六世家元・八世文字太夫。十五世家元・七世文字太夫の長男。常岡晃。
1930年に六世尾上菊五郎により設立された日本俳優学校で学ぶ。1947年に十世小文字太夫を襲名、1951年には歌舞伎座で八世文字太夫の襲名会が開催された。1969年に第2期常磐津協会の会長となり、1981年には流儀の重鎮26名とともに日本の重要無形文化財の総合指定を受け常磐津節保存会を発足して保存会初代会長となる。温厚な人柄でよく流派を取りまとめ、重厚で品のある古風な語り口を得意として、後継者の育成に尽力した。また、麒麟児と称されたほどの三味線方名手で実弟の常磐津文蔵に関西常磐津協会を任せ、三男常磐津文右衛門、四男常磐津浪花太夫と共に四兄弟で常磐津を隆盛に導いた。

十一世小文字太夫

komoji11.jpg

昭和22年(1947)-
当代十七世家元・九代目常磐津文字太夫。十六世家元・八世文字太夫の長男。常岡薫。
1959年に新橋演舞場で開催された七世文字太夫七回忌にて五世小文太夫を襲名。十一世市川團十郎三世市川左團次七世市川門之助が追善と襲名の挨拶を述べた。1976年に十一世小文字太夫を襲名し、新橋演舞場で開催された襲名会には七代目尾上菊五郎「松島」に出演。1991年に八世文字太夫が逝去し十七世家元を継承する。1994年には七代目尾上菊五郎による「身替座禅」で九代目文字太夫を襲名披露。六世中村歌右衛門十七世中村勘三郎七世尾上梅幸二世尾上松緑といった昭和の歌舞伎界を代表する名優の元で歌舞伎伴奏としての華やかな芸風を勉強する。数々の歌舞伎本興行、訪米訪欧歌舞伎、日本舞踊会などに出演。2005年には常磐津協会会長に就任。2010年には重要無形文化財総合指定常磐津節保存会の会長に就任し、七世文字太夫以来の正式な詞章集「定本常磐津全集」を復刊、江戸時代に遡る職分の「演奏者名鑑(太夫・三味線)」作成事業(文化庁補助事業)に着手する。

十二代目小文字太夫

komoji12.jpg

昭和57年(1982)-
十七世家元・九代目常磐津文字太夫の長男。常岡亮。
1994年に三ツ面子守で初舞台。1997年に五代目尾上菊之助丈による「松島」で、常磐津家元の幼名である小文太夫を六代目として襲名。2003年には歌舞伎座團菊祭において三枚目として歌舞伎出語りの初舞台を踏む。2004年に青山学院大学文学部卒業。その後、生田流正派邦楽院で筝曲を、能楽金春流宗家で謡曲および仕舞を勉強する。2007年には常磐津協会演奏会で「松廻羽衣」で初立語り。以降も継続的に立語りとして参加し、常磐津節保存会演奏会には脇語りとして定期的に出演。2008年には七世尾上菊五郎丈座頭の国立劇場新春歌舞伎「小町村芝居正月」に脇語りとして出演する。2009年に単身で米国に渡り、ハーバードやイェールなどに卒業生を数多く輩出する有名進学校「TAFT」にて、次代の世界経済を牽引する若者達に常磐津節の魅力や歴史、特徴など実演を兼ねて講演する。2013年に国立劇場に於いて、五代目尾上菊之助丈による「松島」で十二代目常磐津小文字太夫を襲名。2014年に常磐津協会の理事に就任。2016年からは京都市立芸術大学において、共同研究員として常磐津正本の修復事業に参加、変体仮名解読を学ぶ。2017年、慶應義塾横浜初等部にて非常勤講師として着任。同年、清栄会奨励賞受賞。

>>小文字会(お稽古案内)
>>とはずがたり(日誌)