HOME > 権八

「権八」

a権八.png

あらすじ

日本の侠客(任侠を建前とした渡世人)の元祖ともいわれる幡随長兵衛(ばんずいちょうべえ)の食客である「白井権八(しらいごんぱち)」は本庄助太夫を討ったことから、役人の手を逃れて馴染みの遊女「小紫(こむらさき)」のいる遊郭「三浦屋」の一室に匿われている。そこへ役人たちが来て権八をひっ捕らえる。鈴ヶ森の処刑台まで引きずって行き柱に括り付け罪状を読み上げる役人。深々と突っ込まれた槍は権八のあばらを貫通し抜いた拍子に血が吹き出し溢れてくる。群衆をかき分けて権八の元に走る傾城小紫。権八は苦痛に苦しみながらも両眼を見開いて最期の別れを惜しむ。しかし、二人は引き裂かれ…

…目が覚めたのは小紫の膝の上。そう、鈴ヶ森で磔にされて処刑されたのは夢であったのだ。逢瀬を楽しむ二人。人を殺した罪で貴方が処刑されてしまうような事があったら私も後を追います、という小紫。そこへ彼女の新造が慌てふためいた様子で階段を駆け上がってくる。「役人が権八さんを捕えようと三浦屋を囲んでいます!」。

悪夢が正夢になってしまった-。覚悟を決めた権八は刀が折れるまで切って切って役人どもを切り散らして目黒の長兵衛まで逃げ延び、もしも叶わぬならば二人一緒に自決しようと小紫の手を握り、灯りを消すのだった-。

本作は歌舞伎芝居「極付幡随長兵衛(きわめつきばんずいちょうべえ)」の派生譚である。常磐津史上比較的新しい作品だが古典の手法を踏襲し、台詞の合の手には新内節の手が使われるなど芝居らしい雰囲気の優れた作品となっている。

詞章

罪科(つみとが)の 重き仕置に冥途まで 送る此世の通し馬 駅路にあらぬ鈴ヶ森① 無惨なるかな権八は 恋ゆゑ果す身の錆(さび)も 蕾の儘に散らすぞと 手向心も仇口も 今はしるしの引潮に 暫時は娑婆②の別ぞと 駒を止めて喞言(かこちごと)

権「思ひ廻せば某は 多くの人を殺したる 其の罪科の報ひ来て 忽ち来る天の網③ 重き仕置を受るのも 此身になせる科(とが)あれば さらさら厭(いと)ひは無けれども 長の年月権八を 匿くれし長兵衛殿④ 男を磨く其人に 由なき汚名を取らせるが 今はの際の心懸り 是も誰ゆゑ恋の罰 御見物の其の内に 若いお方は取分けて 慎むべきは恋の道 此権八を手本ぞと 必ず必ず お上へ御苦労懸けぬやう アァ慎むべきは色欲ぢゃなァ
身の繰言は今更に 別れの駒の片手綱 濱川鮫洲引廻し 身ゆる往来も涙橋 急ぐにつれて程近く仕置の場所へ着にける 検視の役人懐中より 一つの書物取出し

役「一つ其の方儀(ほうぎ) 是まで多くの人を害し 其のみならず先年 東海道一の関所たる 大井川を破りし科 重々不届至極に付き 鈴ヶ森にて磔(はりつけ)の刑罪に行ふものなり ソレ用意よくば其なる柱へ 「ハァ

検視の差図に非人ども 下知⑤に従い権八を 角の柱へ縛むる 情用捨も荒磯に 非人は左右へ立別れ 十字に綾取る縄襷(なわだすき) 槍は彼世の道案内 エイと懸けたる聲(こえ)諸共 突込む肋骨非人が手練 抜けば溢るる血潮の瀧つ瀬 又引扱き二の槍を 既に斯よと見えたる所へ 群衆押分け傾城の 形(なり)もしどろに駈入るにぞ 検視の役人目に角立て

役「ヤァ見れば女の分際で 刑罪の場所へ叶はぬ事だ 下がり居ろう と極付くる

苦痛の権八 アァ両眼開き 

権「オォ そう云ふ其方(そち)は小紫 さては苦界の廓⑥を脱け
紫「サァ 死なば一所と大門⑦の 掟厳しき廓を脱け 仕置の場所⑧へ来たからは 権八様と諸共に どうぞ殺して下さりませ
役「ヤァ女心の血迷しか 取上せて何を申す 叶はぬ願 キリキリ立たう

情用捨も荒くれし 非人が手込(てごめ)引立てられ 仕置の場所の憂き別れ あはやと見たる一睡の 夢は破れて

紫「モシ権八さん 権八さんえ
権「オォ小紫か そんなら今のは夢であったか 此程よりの心気の疲 かうして二階へ来るにさへ お尋者の身の上に 若しや此身が捕らへられ 重き仕置を受ける時は 二世と誓ひし和主(おぬし)は元より お世話になりし 花川戸の長兵衛殿御夫婦へ 由(よし)なき難儀が懸かるであろうと 心で案じ煩ふゆゑ ついトロトロと思寝に 明白(ありあり)見たは鈴ヶ森で 既に仕置に遇ふ所 揺り起こされて目を覚し 見れば矢張(やっぱり)部屋の内 アァ夢は五臓の煩(わずらひ)⑨ぢゃなァ 

伏して見し 夢のみ夢と言はば言へ 嬉しいも夢悲しいも夢の 浮世⑩と見る時は 日永の春の今日の日も 名残は惜しき 暮の鐘

紫「ほんに主の言はしゃんす通り 斯して一つに居る時は 内外(うちと)の者に気兼をして 苦労は同じ事ながら 少しは心も休まれど 片時(かたとき)逢はねば気に懸り

若(も)しもや主が捕へられ 人を殺せし其科に

紫「重い仕置に遇ふ時は 死なば一所と思へども 出るに出られぬ籠(かご)の鳥⑪

本に思へば去年(こぞ)の秋 丁度月見の大一座 退る間もなく戻らねば ならぬと言ふを悪留に 夫恋ふ鹿の笛ならで 籬(まがき)に通ふ清掻(すががき)や 恋慕(れんぼ)流しに尺八の 竹に思を小紫 障るともなく現(うつつ)なく ヒッタリ抱き月の梅 離れ難なき折からに 廊下傳(づたひ)に新造の 胡蝶は慌て駈来り 

蝶「モシモシ花魁ェ 大変でござんすわいなァ モ大変でござんすわいなァ
紫「何大変とは気懸りな どうした譯でありんすえ
蝶「サ権八様が宵の間に 二階へ忍んでござんしたを 遣手のおつめが嗅付いて 役所へ知らせたばッかりに 今宵を過さず召捕ると 此の三浦屋を 取巻いて居りますわいなァ 

と告げるを聞いて小紫

紫「是やまァどうしやう どうしやうぞいなァ
権「ムゥ さてこそ今の仇夢が 真となりて権八が 進退茲(ここ)に極りしが かねて覚悟の事なれば 必ず共に心静に
紫「悲しい憂目を見ぬ内に いっそ私は自害して
権「アァいや死ぬには未だ早い たとへ此家を十重二重(とえはたえ) 捕手(とりて)の者が囲むとも 腕に覚の権八が 刀の目釘の続くだけ 斬って斬って斬り散し 和主と共に廓を落延び 目黒の知邊(しるべ)へ身を落着け 逃れぬ時は二人一所に
紫「エェ嬉しうござんす

燈(あかり)は消えて真の闇 二人は支度とりどりに 早や程も無く人聲(ひとごえ)は 取巻く人数暗き身も 目黒に残す比翼塚 因縁斯(かく)とぞ知れける

解説

①江戸時代の鈴ヶ森刑場。

②仏語。釈迦が衆生を救い教化するこの世界。煩悩や苦しみの多いこの世。現世。娑婆世界。転じて刑務所・兵営などにいる人達が外の自由な世界をさしていう語。

③天の裁き

④身の世話をしてくれた侠客「幡随院長兵衛」。

⑤上から下への指図。命令。

⑥参考:遊郭

⑦参考:遊郭

⑧鈴ヶ森刑場の事。

⑨古来より、悪夢を見るのは五臓の疲れからくると言われている。

⑩参考:仏教

⑪遊女である自分自身を籠中の鳥にかけたもの。