HOME > 常磐の老松

「常磐の老松」

oimatsu.jpg

あらすじ

常磐津の老松は曲であって曲では無い流派にとって格別の曲であるが、謡曲の老松に取材したご祝儀物の舞踊曲が今作品である。

北野天神を信仰する梅津某(うめづのなにがし)が霊夢を見て筑紫の安楽寺を参詣する。そこで出会った老人に噂に聞く飛梅はどの木か問うと老人は紅梅殿を崇めよと言う。北野天満宮に祀られた天神(菅原道真公)が松梅を愛でた事、梅が好文木、そして松が太夫と呼ばれる故事を語り君が代を末永くお守りし御代の春を寿ぐ。

尚、「花の魁(さきがけ)千代までも~」は常磐津独自の詞章となっている。

詞章


げに治(おさ)まれる四方(よも)の国① げに治まれる四方の国 関の戸鎖(ささ)で②通わん

梅「抑々是は都の西 梅津の某(なにがし)③とは我が事なり 我北野を信じ④ 常に歩みを運び候(さふろう)処(ところ)ある夜 顕(あらた)なる霊夢⑤をかうむりて候

日の本の 国豊かなる秋津洲(あきつす) 浪も音なき四つの海 高麗唐土(こまもろこし)⑥も残り無き 御調(みつぎ)の道⑦の 末安楽寺⑧にも着きにけり 梅の花笠(はながさ)春立ちて 縫ふ蝶鳥の梢(こずえ)かな⑨ 松の葉色も時めきて⑩ 十返り(とかへり)⑪深き緑かな 歩みを運ぶ宮寺の 光長閑(のど)けき春の日ぞ

梅「いかに是なる老人に尋ね申すべき事の候 
老「此方の事にて候か 何事にて候ぞ
梅「聞き及びたる飛梅⑫とは 何れの樹を申し候ぞ
老「あら事も愚かや 我は唯 紅梅殿⑬とこそ崇め申し候へ
梅「今神木と成り給えば 崇めても尚飽足らずこそ候へ
老「さて此方なる松をば 何とかご覧じ分けられて候ぞ
梅「実(げ)に実に 是も垣結ひ廻し御七五三(みしめ)を引く 誠に妙なる神木と見へたり いか様是は老松の
老「おぞくも心得給ふものかな

紅梅殿ナご覧ずらん 色も若木の花守までも 華やかなるに引換えて 守る我さへも老いの身の 影古びたる待人の 翁寂しき⑭木の元を 老松とご覧ぜぬ 神慮もいかが恐ろしや 殊(こと)に天神の御自愛(ごじあい)にて 紅梅殿も老松も 皆末社と現じたまへり 唐の帝の御時は 国に文字 盛んなれば花の色増し さてこそ文字を好む木とは⑮ つけられたり さて又松はその昔 秦の始皇の御狩りの時 雨を凌ぎ給ひしかば 帝爵を賜(たまわ)りて 松を大夫と申すなり⑯ 斯様に名高き松梅の 

花の魁(さきがけ)⑰千代までも 祈る妹背(いもせ)の雛遊び⑱ 契りも永き根を引いて 軒に懸けたる菖蒲(あやめ)草⑲ 星の契りも千代見草 文目(あやめ)も分かぬ五月闇⑳ 恋路の闇の願事(ねぎごと)を 繰り返したる苧環(おだまき)㉑の 星の契りも千代見草(ちよみぐさ)㉒ 菊の節絵(せちえ)㉓の乙女草㉔ かの周の世の菊壽童(きくじどう)㉕ 七々百歳(ななももとせ)や千代八千代 治る春の鶴の巣を 結ぶ緑の松の内㉖ 初着二度着の八文字㉗ 七福神の初買ひ㉘に 心浮立つ神楽獅子

抑々 獅子の始まりは 唐蜀(もろこししょく)の孔明㉙が 南蛮攻めの其の時に 初めて獅子を造られたり 悪鬼魔王を滅ぼして 目出度く帰陣(きじん)なし給ふ 今日の本の睦月には八百萬(やほよろず)なる神諌(かみいさ)め 獅子を豊かに舞はうよ 咲匂ふ花の小影に うつらと眠るや獅子の 頭を垂れ耳を伏せ 花に戯れ枝に伏し 日影長閑にちらちらと舞遊ぶ 胡蝶(こちょう)と目掛け飛上がり クルリクルクルヒラリヒラヒラ 猛き獣もしほらしや

文殊(もんじゅ)の浄土(じょうど)㉚是ならん 揺るがぬ御世や細石(さざれいし) 巌(いはほ)となりて苔のむす 松は幾千代常磐津の 尽きせぬ家こそ目出度けれ 尽きせぬ家こそ目出度けれ

解説


①平和に治まっている御代を祝った言葉。
②関所の戸を閉じないこと。自由を意味する。
③梅の原ともいい、京都四条の末桂川の東に梅宮神社がある。
④京都北野天満宮を信仰している事。
⑤神のお告げによる夢。
⑥高麗=朝鮮。唐土=中国。
⑦貢物を送る道の事。
⑧末安楽を、福岡の太宰府天満宮の霊廟「安楽寺」にかけたもの。
⑨梅の花笠~梢かな=古今和歌集より。
⑩春めく。色めく。
⑪松は百年に一度花を返り咲かせる事から「松の十返り」と言う。
⑫菅原道真が左遷されて太宰府に向かおうとした時「こと吹かば にほいおこせよ梅の花 主なしとて春を忘るな」と詠んで日ごろ愛でていた梅との別れを惜しんだが、遂に菅公のいる筑紫まで飛んで行ったという伝説上の梅。現在も太宰府の安楽寺に残っている。
⑬安楽寺にある。
⑭老人らしくなったことを「さびしい」にかけたもの。
⑮松=好文木の異称があるという事。
⑯さて又松はその昔 秦の始皇~松を大夫と申すなり=参考:老松
⑰抜きんでる事。一番(早い)こと。
⑱内裏の高貴な男女の雛人形を飾って三月の節句遊びをする事。
⑲五月節句に菖蒲を掛ける江戸時代の風習。
⑳恋路の闇にかけている。
㉑苧環(麻糸を空洞の玉のように巻いたもの)に繰り返して巻く事を神仏への恋の願い事を繰り返すことにかけたもの。
㉒七夕の夜に牽牛と織姫の二つの星が出逢う事。千代美草=菊の異称。
㉓五節句の一つ。9月9日の菊の節句。
㉔菊の異称。
㉕中国の周の時代、七百歳の菊壽童の伝説より。
㉖治る春の鶴の巣を結ぶ緑の松の内=平和な初春の事。
㉗参考:遊郭
㉘初春早々に廓で遊ぶ事。
㉙諸葛亮孔明の事。
㉚参考:仏教