HOME > 式三番叟

「式三番叟」

sanbasou2.jpg

あらすじ

能楽の中で最も神格化される謡曲の「翁」を前半に置き国土安穏五穀豊穣の祈祷に始まる。

狂言の「揉ノ段」を三味線旋律(モミダシ)に変えた前弾きで翁は天下泰平の御祈祷として神舞を舞い萬歳楽で納めると「そもそも翁の濫觴は~」以降は立川焉馬(烏亭)※が加筆したものである。

後半は千歳と三番叟の出番で、千歳をアド※に露払いと思われる舞を舞う。三番叟の鈴の舞(鈴ノ段)に終わるまで始終祝言を目出度く寿ぐ、能楽に因した物語性よりも呪術的要素の強い作品と云える。

※落語中興の祖であると同時に江戸時代後期の戯作者・浄瑠璃作家。
※狂言のシテ(主役)に対する相手役・脇役のこと。

詞章


とうとうたらり たらりらたらり あがり ららりとう
ちりやたらり たらりらたらり あがり ららりとう①

ところ千代まで在(おは)しませ② 我等も千秋侍はう③ 鶴と亀との齢(よはい)にて 幸い心に任せたり

とうとうたらり たらりら
ちりやたらり たらりらたらり あがり ららりとう

鳴るは滝の水④ 鳴るは滝の水 日は照るとも絶えず

とうたりありう どうどうどう

君が千歳を経(へ)ん事も 天津乙女の羽衣⑤よ 鳴るは滝の水 日は照るとも絶えず

とうたりありう どうどうどう

總角(あげまき)⑥やどんどや ひろばかりやどんどや⑦ 坐して居たれども まゐらうれんげりやどんどや 千早振る 神のひこさのむかしより 久しかれとぞ祝ひける

凡そ千年の鶴は 萬歳楽と唄うたり また萬代の池の亀は 甲(かふ)に三極を備へたり 渚の砂(いさご) さくざくとして 朝(あした)の日の色を朗じ 滝の水冷々として 夜の月あざやかに浮かんだり

天下泰平国土安穏 今日の御祈祷なり 在原⑧や なじょの翁ともあれば なじょの翁とも そよやいづくの翁とうとう そよや 千秋萬歳の歓びの舞なれば 一(ひと)さし舞はう

「萬歳楽⑨ 「萬歳楽 「萬歳楽 「萬歳楽

そも翁の濫觴(らんしゃう)⑩は 桓武天皇の御宇(ぎよう)とかや 奈良の都を山城へ 移して内裏(だいり)を建てたまふ 御壽(おんことほぎ)の萬歳楽 濱主といふ翁 百歳(ももとせ)餘り 十といふ春秋を越しかたの 目出度き事を唄ひつつ 袖ひるがへし舞納む 式の翁の始めとぞ

アァ 大幸(おおさへ)大幸 よろこびありや 我が此の處(ところ)より外(ほか)へは遣らじとぞ思ふ 袖をかへして奏でしは いさましくもまた目出度けれ

三「アァラ 目出度やものに心得たる アド⑪の大夫どのにサッと見参申す
千「丁度参って候
三「誰が御立にて候ぞ
千「アドと仰せ候ほどに 某(それがし)随分ものに心得たると存じ 御アドの為 罷り立って候
三「ホホゥ
千「今日の御祝儀とて 千秋萬歳と目出度い様に 舞うて下りて候へ 色の黒い尉(じょう)⑫どの
三「アドと申す所に 早々との御立祝着に存ずる 然(さ)あらば今日の御祝儀を 千秋萬歳と目出度いやうに 舞ひ納めうずる事 何より以って易う候 まづ 大夫殿には 元の座敷へおもおもと 御直り候へ
千「某 座敷に直らうずること 尉殿の御舞ひより いと易う候 まづ御舞ひ候へ
三「まづ 御直り候へ
千「まづ 御舞ひ候へ
三「イヤ ただ御直り候へ
千「アァラ 目出度や さあらば鈴をまゐらせう
三「アァラ 様がましや⑬ン候

千早振(ちはやぶる)ふる鈴の音は 神の代の鈿女の神子(うずめのみこ)⑭が舞の袖 神の舞楽は常闇も ほがらかに陽々(やうやう)と 昇る旭日(あさひ)の初日影 げに畏れある神遊び⑮ つれて立舞ふ小忌衣(をみごろも)⑯

千歳は近江なる白髭の御神なり 黒き尉は住吉の大神の学びとかや 鼓はどうと浪の音 天が原や高砂の 常磐の松の千代八千代 尽きせぬ和歌ぞ敷島の 神の教えの国つ民 治まる家こそ 目出度けれ

解説


①従来は笛や鼓の口真似だとされていたが昨今では神の言葉であると研究されている。ちりやたらり=真言秘密、た=必然の意、たらり=満足、あがりららり=物の始め、ら=清浄。

②いつまでも栄えませ。

③私達も末永くお仕え申そう。

④延年の舞。延年=寺院において大法会の後に僧侶や稚児によって演じられた日本の芸能。単独の芸能ではなく、舞楽や散楽、台詞のやりとりのある風流、郷土色の強い歌舞音曲や、猿楽、白拍子、小歌など、貴族的芸能と庶民的芸能が雑多に混じり合ったものの総称。

羽衣伝説より。

⑥十二三歳くらいの男子の髪型。

⑦催馬楽の一説。催馬楽(さいばら)=雅楽歌謡の一つ。民謡に取材し,管楽器,弦楽器および笏拍子の伴奏でうたわれる。

⑧在原業平。

⑨雅楽の平調に属する楽曲で、古代より慶事の際に舞われた大変 おめでたいとされる楽曲。

⑩「荀子」孔子の言葉から、物事の起こり。始まり。起源。

⑪ここでは千歳。

⑫能楽で狂言方がつける黒色尉という面(おもて)。ここでは三番叟の事。

⑬仰山らしい。

⑭天鈿女命(あめのうずめのみこと)。古代に宮中の祭りで巫女の役をした女神。

⑮神前で歌舞を奏すること。かぐら。

⑯物忌みのしるしとする清浄な上着。大嘗祭・新嘗祭などに奉仕する小忌人(おみびと)や祭官などが装束の上に着る。