HOME > 夜討曽我

「夜討曽我」

soga1.jpg

あらすじ

所領争いで工藤祐経(くどうすけつね)は叔父伊東祐親に恨みを抱いていた。祐経の刺客(大見小藤太と八幡三郎)が放った矢は一緒にいた祐親の嫡男河津三郎祐泰(かわずのさぶろうすけやす)に当たり祐泰は死んでしまう。

祐泰の妻の満江御前とその子、一萬丸と箱王丸が残された。満江御前は曾我祐信と再婚。一萬丸と箱王丸は曾我の里で成長した。そののち治承寿永の乱で平家方についた伊東氏は没落し祐親は捕らえられ自害した。祐経は早くに源頼朝に従って御家人となり頼朝の寵臣となっていた。

祐親の孫である曾我兄弟は厳しい生活のなかで成長し、兄の一萬丸は元服して曽我の家督を継ぎ「曾我十郎祐成(そがのじゅうろうすけなり)」と名乗った。弟の箱王丸は縁者にあたる北条時政を頼り(時政の前妻が祐親の娘)、烏帽子親となってもらって元服し「曾我五郎時致(そがのごろうときむね)」となった。のちに時政は曾我兄弟の最大の後援者となる。苦難の中で曾我兄弟は父の仇討ちを決して忘れなかった。

本作は兄「曽我十郎祐成」と弟「曽我五郎時致」が親の仇である工藤佑経を討とうと富士の御狩りのおり時刻を待っている所に、祐成の恋人「大磯の虎(おおいそのとら)」と時致の恋人「化粧坂の少将(けしょうざかのしょうじょう)」という二人の遊女が今生の別れを忍びに逢いにきて兄弟は涙を拭いながらも工藤佑経に復讐を遂げるという件である。

「逢ふは別れの始めとは~」や「此の世の契りは薄くとも 未来は互いに妹と背の」など切ない別れ際が見どころであり歌舞伎同様に兄曽我十郎は温厚で沈着冷静、弟曽我五郎は活発で剛毅な役柄となっている。

常磐津「曽我対面」の後日譚で日本三大仇討の一つある。

詞章


夫(それ) 三国①に名も高き 富士の御狩の装ひは 四海②にその威を示すなる 実に源の功(いさお)しの すでに建久四つの年 頃は五月の末つ方 残んの雪に越王の 例しを此処に③兄弟の 狩場出立ぞ 勇ましき 

十「いかに時致 ここを最期と極めし上は 中々心易けれど
五「年月放れぬ兄弟が 待ちに待たる今月今宵
十「十八年の天津風④ 今吹返す五月空

倶武載天(ぐぶたいてん)⑤の父の仇 今宵の時を過ごしなば 又いつの世に逢ふべきと 互ひに猛き武士も 涙の雨に打湿る 松の明りを振捨てて 行末思い越し方⑦の 母の形見の狩衣に 秋野の模様を小男鹿(さおしか)の

十「妻恋ならで兄弟の
五「五つや三つの頃⑥なれば 覚えぬ乍子は親に
十「似るなる物を松山の橋をり鏡⑧と 聞くからは 

互いに顔を見るさへも 是ぞ此世の名残ぞと 二人は手に手取交わし 暫し悲嘆に暮れにける 祐成心取り直し

十「そぞろ涙も恩愛の 御身も我も母上の
五「下し給わる蝶千鳥⑨ 此の狩衣が 彼の世へ晴れ着
十「今宵ぞ本望 弟用意
五「合点だ

身繕して立上がり 目指す怨敵は唯一人 逃ぐる者には目な懸けぞと 互いに制し制せられ 足踏みしめて忍び寄る 虎少将もかねてより 約せし事の違へじと 時刻を計り立出づる 火影(ほかげ)にそれと身を進め

虎「今宵首尾よく此の所へ
少「日頃の思いをお二人供
十「かねての契約
五「虎少将 
虎「お懐かしうござりまするわいなァ

云いつつ側に馳せ寄って 思ひあまれば言葉さへ 先立つ物は涙にて そもや過ぎにし水ぐきに 今宵の首尾を書き送る 墨さへ薄き滲み書き しばし別れの伏の間も 心の内の切なさを 推量してとばかりにて 二人は袖に取りすがり

虎「此の世の契りは薄くとも
少「未来は互いに妹と背の
虎「今宵ぞ必ず御本望

御陣は雨の徒然(つれづれ)に 酒宴も時の興過ぎて 昼の疲れの手枕(たまくら)に 時刻もよしや折もよし いざいざ案内申さんと 言ふに兄弟勇み立ち ハッハッ ハハハハ 有難し忝し 今宵の雨ぞ我々が 孝道⑩天も憐みて 下し給へる雨ならん 祐経こそは籠中の鳥 網代(あじろ)⑪の魚も同然と 心も強き時致に 兄は弟を想ふなる 二世と契りし恋仲も 是を一世の別れぞや 又母上にも斯く成り果つる身の上を 聞こへ参らす其の為に 

虎「此の世の別れと知りながら 見捨てて往っては
少「女夫の道も立たざる道理
両「こりゃマァなんと せふぞいなァ 

逢ふは別れの始めとは かねて聞きつる言の葉も 人の上にぞ云ひなせし 今は此の身にやる瀬なく 是非分け難き女気の 涙にこそは暮れにける 斯くては果てじと時致が 
十「無益の嘆きに時うつる 討ち洩らしなば末世の恥辱
五「せめて別れの盃なりと
十「実に尤も

と立ち上がり 腰に付けたる懸け烏帽子(えぼし) 時にとっての盃と 降しく雨を受け筒の 水は巴に廻るなる

虎「此の世の契りは薄くとも
十「来世の縁を楽しみに

彼世(あのよ)へ急ぐ 田長鳥(たをさどり)⑫ 互いに盃酌み交わし 是や別れの舞の袖 散りてゆく 花の木陰に立ち寄れば 空に知られぬ雪ぞ降る 折も遠寺(えんじ)の鐘の音に 心急き立つ兄弟が 袖打ち拂い立上がり 早う早うと急がされ 両女(ふたり)は形見取納め 

虎・少「おさらば
十・五「さらば

さらばさらばと夕闇に 心残して別れゆく

十「ヤァ 遠からん者は音にも聞け 近くば寄って目にも見よ 河津三郎祐安(かはづのさぶらうすけやす)が遺(わす)れ形見 曽我の十郎祐成⑬
五「同じく弟五郎時致⑬ 親の仇の左衛門祐経
十「出でや立会い
両「勝負

勝負勝負と呼ばはったり 斯くと聞くより組子供⑭

組「物な云はせず 討てとれ 「合点だ

皆一様に打ち連れて 曽我の模様を狩場なる 裾野の幕の紋尽くし 大一大万大吉⑮と 続く眺の四ツ目結い 二つ瓶子や三つ鱗 ありゃりゃりゃヨオイヤサ 寄せ来る寄せ来る大敵を バラリバラリと人つぶて 目覚ましくも又類無き 荒人神⑯と今もなお歌舞伎に伝る勇猛(いさほし)や 誉を世々に遺しけり

解説


①日本・中国(唐)・朝鮮(もしくは天竺)。※天竺=インド

②天下の意。古代の中国人は中国の四方を海がとりまいていると考えた。

③中国の故事より。

④空を吹く風。

⑤不倶戴天。「礼記」曲礼の「父の讐(あだ)は倶(とも)に天を戴(いただ)かず」から。生かしてはおけないと思うほど恨み・怒りの深いこと。その間柄。

⑥佑経に父河津祐泰が殺された頃の兄弟の年齢。

⑦過ぎ去った、の意。

⑧謡曲「松山鏡」より。元は中国の故事。

⑨十郎が千鳥模様、五郎が蝶模様の狩衣を母から貰って着ていた。

⑩よく父母に仕える道。孝行の道。

⑪冬に竹または木を組み並べて網を引く形に川の瀬に仕掛け端に簀(す)を取りつけて魚をとる設備。

⑫ほととぎすの異名。

⑬祐泰の妻の満江御前は曾我祐信と再婚し兄弟は曽我家の養子となった。兄は実父から「祐」の字を、弟は烏帽子親の北条時政から「時」の字を受け継いだ。

⑭徒組・鉄砲組などの組頭の配下にある者。組下。組衆。

⑮「一人が万民のために、万民は一人のために尽くせば、天下の人々は幸福(吉)になれる」という意味。のちに石田三成も愛用した。

⑯のちに曽我兄弟を祀る社が箱根山に建立され「曽我両者勝名荒神」と崇められた。