HOME > お染土手場

「お染土手場・土手場」

osome3.jpg

あらすじ

文化10年(1813)に「新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)」の舞台を江戸に移した「お染久松色読賑」が作られ、一人の役者が登場人物7名を七変化の早変わりで演じ分ける趣向の大切浄瑠璃「心中翌日噂(お染の七役)」が常磐津出語りで上演された。

文久年間(1861‐1863)には更に三世瀬川如皐によって加筆された常磐津の素浄瑠璃作品「初恋路千種濡事(はつこひちぐさのぬれごと)」が四世古式部によって上・中・下の段ものとして作られる。素浄瑠璃は元より舞踊にも降り附けられたが、現在では上「お染久松土手場の段」・中「お光物狂の段」しか現存していない。

油屋を駆け落ちしたお染と久松の行方を鉦や太鼓で向島の土手を捜しまわる追手の中に、久松の義理の親久作も入っているが両人の姿は一向見当たらない。

悪人である鬼門の喜兵衛と油屋の番頭善六とが吉光の宝刀を横取りし、偽物を掴まされた久松がその罪を負って心中を謀ろうとするのが上の段「土手場」で、下の段「お光物狂」は、久松の許嫁のお光が恋ゆえに狂乱となり船頭と矢取女に介抱を請ける場面である。

また、作中登場する「油屋」は大阪東堀瓦屋橋の質店である油問屋で、常磐津作品「油屋(伊勢音頭恋寝刃)」に登場する伊勢古市の妓楼「油屋」とは異なる。

詞章

迷子やい 迷子の迷子のお染やい久松やい 鐘や太鼓で打ち囃し 小梅隅田①への畦道伝ひ 尋ね連立つ一群が

田舎者「あんとマァ 此の通り手分して尋ねても 行方の知れぬと言ふはなァ
上方者「ハテ どうしたも斯うしたも 土蔵の白壁黒塀へ 相合傘でお染久松 いろいろ色事の評判は
江戸者「浮名巽の深川本所 尋ね廻れど行方の知れぬ と言ふは
久作「もしや心中
上方「オォ本に此方は 丁稚殿の親父③どんだの
久作「ハイハイ 左様でござります 倅めが不慮な事④仕出して 皆様へも此の様に御苦労を 懸けますを余所に見て居られもせず 大切な旦那のお娘御 又は倅の久松は実はと言へばお主様
江戸「何 お主様とな
久作「アイヤ⑤ お主様へ御苦労を懸けるあの倅 斯う言ふ暇も不慮な事
江戸「アァ是はしたり 父様(ととさま)必ず案じさっしゃるな
上方「コレ吾嬬の森で御鬮(みくじ)⑥を取たら上々 末の吉
田舎「其上ハァ 神主様からお守やらお札やら此の様な書た物を貰うて来た と差付くれば
上方「どれどれ此処へと提灯差出し
江戸「東西東西⑦
田舎「エエ何を愚図愚図 此方へ遣こせ と捥取て
江戸「エヘン 初恋路初恋路千種の濡事
上方「エェ何の事ちゃ 浄瑠璃の觸書きだ
久作「アァ浄瑠璃歌舞伎に二人が浮名を 若しや前表(ぜんぺう)に
田舎「アァこれさ 父様そんな取越し苦労しねえもんだ マァ其よりは尋ねるが
上方「肝心要
江戸「サァサァ来やれ来やれ

迷子やあいお染やあいと声々に 庵崎辺へと尋ね行く 世を牛島⑧の土手続 愛しいと可愛いと云ふ二人連 相合傘の手と手と手 いつも嬉しき風呂敷に 包む人目に恋仲の お染の行方久松が 尋て忍ぶ道の辺も 疵持つ蘆の片葉さへ 戦(そよ)ぐを若(もし)や追手かと 胸に四方(あたり)の一腰も 遉(さすが)に厭ふ頬冠り 木蔭求めて立停り

久松「親父様が大切の 御主人石塚久之進様が 御身に係る宝の詮議 今宵の内に取戻さねばお主のお家 断絶と聞いて身も世もあられねば 走出した其の後で お染様にも油屋をお家出なされし と途中の噂 アァ糅(かてて)加へし今宵の手詰 ヤヤ 向へたしか四手駕篭⑨ 附添ふ者のある様子 忍んで実父を オォ然うぢゃ

四方(あたり)見廻し生垣の 蔭に寸時(しばし)と身を潜む 首尾も幸い宵闇に 舁かせて縄手道忍ぶ四手駕篭 纏ひしがらむ縄手道 引添ひ鬼門の

善六「喜兵衛殿 喜兵衛殿 と呼び懸けられて
喜兵「オォ 番頭の善六⑩殿か
善六「然う言ふ声は喜兵衛か 御苦労御苦労 ヤレ嬉しやと息急き息急き シテ彼はどうしてくれた
喜「ァコレ

と四方へ駕夫(かごかき)忍ばせて 善六が耳に口當て コレ斯々ナァ

善「ムム そんならあの久松に 逢はせて遣るとお染を巧く騙くらかし 此の四手駕篭へか
喜「ところが此方の手段を気取ったお染 突遁(つんにが)しちゃ物が無えと 両手を括って猿轡⑪

善「テモ 可哀想に手荒い事をする男だ ドレドレ俺がマァ縄を
喜「是はしたり 解きゃジタバタ面倒だ
善「ハテ 内でこそ側に久松めが居る故 もう此処まで釣り出したからは 此の善六が富婁那(ふるな)の弁⑫で 口説落して

ちょんきなちょんきな〆子のうさうさ 此奴(こいつ)は堪らぬと立懸る

喜「これさこれさ あのお染は俺が連出し 上方筋へ誘て行く
善「これさ 連て行かれちゃァ
喜「其処が相談未練無しに お前に渡すからは彼の品を
善「何 彼の品
喜「ソレ 彼の品よ
善「彼の品とは オォ此の短刀の事か
喜「されば彌仲太殿に頼まれて 己(おれ)が盗んで油屋へ 質入れしたるあの吉光 海老名様へ差上れば 素敵な褒美に為(な)ると聞き 和主(おぬし)へ頼んだ此の目論見
善「ャ所で 盗み出した罪は久松に 塗付る手段の狂言を 山家屋清兵衛に見出されて
喜「エどうしたえ
善「終(つひ)には内を追出され 此の善六が身の成行き
喜「コレサコレサ
善「エエ吃驚するわいの
喜「義太夫どころではあるめえ さうして又短刀は
善「オット案じたまふな 即ち是に在しますぢゃ
喜「其奴は巧く遣たサァ約束の通り
善「サァ 渡す渡すが 「渡を超て途次(みちみち)も
善「手に手締合 もたつきの

色で逢ひしも昨日今(きのふけふ) 翌日(あす)から晴れてしっぽりと寝て楽しさの新世帯(あらぜたい)

喜「マァ好い加減に惚気ねえな 其より早く短刀を

と受取る喜兵衛善六は 駕籠より引出すお染を手籠め あは好く懸けし猿轡除るればお染めは

お染「アレ

と声立つるを 木蔭に窺う久松が 善六突退けお染を囲ふ 折しも晴れし月代に

お染「ャ嬉しや久松
久松「お染様か
喜「ャ 丁稚の久松
善「どうして此処へ と善六喜兵衛 顔見合せて訝れば
松「サァ 其の吉光を詮議の為 此処へ来懸り藪蔭に 様子を聞けば二人の密談 お染様まで連出し
善「そんなら茲(ここ)での
喜「二人の話を
松「残らず聴いた此の久松 サァ無ければならぬ其の短刀 どうぞ下され喜兵衛殿

頼む傍から 善六がしゃしゃり出て

善「イヤ成程 其が欲しからうが己も油屋へ長の年月 辛抱したもお染は己が女房と 思って働く其の内に お娘(むす)はやがて山家屋へ 嫁入って見れば鳶(とんび)に油揚 埋らぬ者は此の善六 其の腹癒せに短刀を 盗出した目(もく)が割れ 梵天国⑬とは為ったれど 疾うに轉(こか)したあの吉光
喜「汝に渡して詰まるものか

と言うに久松詰め寄って

松「ササササ 其の儀は尤も尤もじゃが 其の短刀が無い時は 久之進様は御切腹 石塚の家名も断絶して其の上千葉のお家にもサ 係る程の一大事 其れ故に取得にやならぬ其の短刀

どうぞ下され下されと 涙ながらに頼むを 見やるお染も共々に

染「アレあの様に久松が 望んで居やる其の短刀 コレコレ善六 和主も傍から取為して 私が頼ぢゃ 貰うてたもやいノウ
善「私が頼じゃ 貰うてたもやいの エェモウ舌垂い 其の言葉 コレあの久松へ其の様に 心中立てござっても 野崎村の在所⑭には エェ嘘ぢゃないぞえ 正直庄屋の庄兵衛殿の一人娘のお光と云ふが久松に恋焦がれ モ気違いの様に為って居るとの噂 「それで久松も疾うからお前には
善「モシ 秋風ぢゃぞいな そんな丁稚奴は足でヒョイヒョイと放出して 私が言ふ事これいなァ 聴かしゃれとしな垂れ懸れば 身を焦る
松「望み懸りし短刀は

命に替へて取り得ると 縋るを突き遣る雙方(さうはう)が冷やいな争い土手の上 既にお染を善六が 手籠めにさせじと久松が 襟髪取って引き退くる 善六苛って見返る途端 喜兵衛が立寄り久松を 蹴飛ばす脛の八つ當り

善「ウン

とばかりに善六が急所に土手をコロコロコロ

松「ヤヤヤヤ 詮議の種の善六は

筏(いかだ)の上へ悶絶の 後白波と上手(うはて)の方

染「筏に漕がれて
松「アレアレアレ

と見遣るをニッコと鬼門の鬼兵衛

喜「ハハハハ 勿怪(もっけ)の幸ゑ 是からは此の短刀が出世の手懸り 元よりお染は己が物

と振袖捉へて引寄るを 隔てる久松其の儘に 肩先足下に踏躙り 見るにお染は消入る心地

喜「エェ動きやァがるな素丁稚め 此の吉光の短刀を 汝(うぬ)が盗んだ疑いの 懸りや繋がるとちあま⑮は 清兵衛と云ふ許嫁の 亭主のある身で久松と ちちくり合った此のお染 歳や噂の丙午 其の後乗や丁稚めも 共に駅路の鈴ヶ森⑯ 生盗人の罪科と 主の女房へ間男の 罪を記した紙幟 三尺高く安房上総(あはかづさ) 向に受けてエエ汝(うぬ)ァ 磔刑だ
松「チェエ汝はナ 其の吉光の刀ゆゑ 若旦那主水様には御切腹 未だ其の上に親旦那久之進様は 今宵に迫る御命の瀬戸際に 図らず聴き取る汝が悪事 担当の在所まで目の前知れたを 何おめおめと渡さんや今こそ町人以前は武士 石塚次男の此の久松 サァ吉光を渡すまいか
喜「何を小癪

と立懸れば お染はうろうろ

染「アレ人殺し
喜「エェ喧しい

と蹴飛ばせば ハッとお染は息絶え絶え

松「ヤャ お染様まで

もう是までと久松が 腰に帯せし刀を抜き

喜「ヤャ 抜きやァがったな生猪口才な

と身を交す 斬込む久松つけ入って 喜兵衛が肩先一生懸命斬りつくれば

喜「アァ斬りやがったな人殺し人殺し

とよろぼひ廻れば迸る血潮に野辺の唐紅

喜「アァうぬ どうするか 

と掴み突く 組んづ解れつ上を下 幽かに聞こゆる迷子やい 刃物を取らんと藻掻けども

喜「離しァがれ
松「イイヤ離さぬ

初めの深手に痹るる手元振り捥(もぎ)って 迷子やあいお染やあい 久松が 又二の刀に喜兵衛が脇腹 グッと一図に突き通せば 土を掴んで必死の苦しみ 久松はただ茫然と伏し居たる お染は漸う心付き

染「コレ久松 気を確かに持ってたも コレ久松いノゥと傍らの 千草の露を手に受けて 口に注げば気を励まし

松「お染様 お気遣ひなされますな 心は確かと落散りし 件の短刀取り上げて
松「チェエ忝や と其の儘引き抜き月に翳して見て吃驚
松「ヤヤヤヤ 似ても似つかぬ是や偽物
染「そりゃ怖い思いで人を害め
松「此の身に罪を重ねしか オォ然うぢゃ と刀の柄に手を懸けるを
染「アァこれ 其方が死ぬる覚悟なら 私も一緒に未来とやらへ

言う間も彼所に行き来の人音

松「コレお染様
染「久松
松「サ ござりませ

手を引連れて行く空の 庵崎指して二人づれ

解説

①隅田川。

②田と田の間の細い道。

③久松の養子親「野崎村の久作」。

④油屋のお嬢様をかどわかして駆け落ちしたこと。

⑤本来久松は久作の主君筋にあたるが秘密にしている。

⑥おみくじ。

⑦歌舞伎や人形浄瑠璃の序びらき、口上の前などに「東西東西」と裏から声を掛けること。またその声。開始の合図。東西声。

⑧夜を憂し、と牛島をかけたもの。

⑨4本の竹を四隅の柱とし割り竹で簡単に編んで垂れをつけた駕籠。江戸時代の庶民用の簡素なもの。

⑩油屋の番頭。

⑪声を立てさせないように口にかませ首の後ろで結んでおくもの。布などを用いる。

⑫釈迦十大弟子の一人。説法第一。十大弟子中では最古参。大勢いた弟子達の中でも弁舌にすぐれていたとされる。

⑬室町時代の御伽草子。清水観音の申し子の中納言が梵天王の姫と結婚して帝の難題を解決し奪われた姫を救い出す物語。のちに浄瑠璃・説経節としても語られた。

⑭都会から離れたところ。いなか。

⑮とち狂ったアマ。悪口。

⑯江戸時代、処刑台のあった場所。