HOME > 遊郭用語

遊郭用語

aその他3.png

遊郭

遊廓(ゆうかく)とは、公許の遊女屋を集めて周囲を塀や堀などで囲った区画(その地の支配者が治安を守り風紀を統制することが目的)で遊女にとっては駕(かご)の鳥に例えられるほど脱出不可能な苦界だった。
花街(はなまち、かがい)、廓・曲輪(くるわ)、色里(いろさと)、遊里(ゆうり)、色町(いろまち)、傾城町(けいせいまち)など様々な別称がある。

一説では1589年(天正17)に秀吉によって開かれた京都の柳原遊郭をもって遊郭の始まりとする説もあるが、江戸に遊廓が誕生したのは慶長17年(1612年)の事である。駿府(今の静岡市)の二丁町遊郭から遊女屋を移して日本橋人形町付近に遊廓がつくられ「吉原遊廓」と呼んだ。吉原遊廓は明暦の大火で焼失。その後浅草山谷付近に仮移転のあと浅草日本堤付近に移転した。人形町付近にあった当時のものを「元吉原」、日本堤付近に新設されたものを「新吉原」とも言う。

江戸時代に公許された廓は「江戸の吉原」「京都の島原」「難波(大阪)の新町」が代表的である。公許されていない遊女(私娼)の集まる場所として宿場町の飯盛旅籠(めしもり はたご)や門前町などの岡場所(おかばしょ)もあった。江戸時代の遊廓は、歌舞伎芝居と共に代表的な娯楽の場であり文化の発信地でもあった。

用語解説


愛想尽かし(あいそづかし)
浄瑠璃や歌舞伎の世話物における類型的場面の一つ。女が義理のため愛する男と無理に縁を切るというもの。その演出様式。

揚屋(あげや)
江戸時代、客が太夫(たゆう)・天神などの高級な遊女を呼んで遊興した店。

揚げ代(あげだい)
遊女・芸者などを呼んで遊ぶときの代金。揚げ銭。玉代。

足抜け(あしぬけ)
廓から脱走する事。

入れ墨(いれぼくろ)
起請彫ともいい多くは男の力でさせ男の名を彫った。たとえば「徳右衛門」であれば「とくさま命」と「命」の字を名の下に付ける場合もあった。針を束にしてその箇所を刺し墨を入れる。
参考:常磐津「福島屋」

花魁(おいらん)
吉原遊廓の遊女で位の高い者のことをいう。「おいらん」の語源については妹分(新造・禿)たちが「おいらの所の姉さん」と呼んだことから来ていると言われている。 江戸時代初期、三都(江戸・京・大坂)では最高位の遊女のことは「太夫」と呼んでいたが、京阪では太夫の敬称が残るが、次第に江戸では花魁と呼ばれるようになる。候補の女児は幼少の頃から禿として徹底的に古典や書道、茶道、和歌、箏、三味線、囲碁などの教養・芸事を仕込まれていた。座敷で花魁は上座に座り客は常に下座に座っていた。花魁クラスの遊女は客よりも上位だったのである(※)。また、花魁を揚げるには莫大な資金が必要であり一般庶民には手が出せないものであった(花魁の側も禿や新造を従え、自分の座敷を維持するために多額の費用を要した為)。
※初回(初会)=花魁は客とは離れたところに座り口を利かず飲食もしない。客は品定めをされ花魁にふさわしくないと思われたらその花魁とは付き合うことが出来なかった。客は沢山の芸者を呼び派手に遊ぶことで財力を示す必要があった。
二回目(裏)=少し近くに寄ってくれるものの基本的には初会と同じである。揚げ代だけがどんどん重む。
三回目=ようやく馴染みになり自分の名前の入った膳と箸が用意される。この時ご祝儀として馴染み金を支払わなければならなかった。通常は三回目でようやく床入れ出来るようになった。
その後=馴染みになると客が他の花魁に通うのは浮気とみなされる。他の花魁に通ったことがわかると花魁は客を吉原大門のあたりで捕らえ茶屋に苦情を言った。客は金を支払って詫びを入れた。

花魁道中(おいらんどうちゅう)
客に引き手茶屋を通して呼び出された花魁が、禿や振袖新造を従えて遊女屋と揚屋・引手茶屋の間を行き来することを言う。滑り道中とも。

置屋(おきや)
芸者や遊女を抱えている家。料亭・待合・茶屋などの客の求めに応じて芸者や遊女を差し向ける。

岡場所(おかばしょ)
吉原などの公許の遊廓に対し私娼屋が集まった歓楽街。日本橋から一つ目の宿場町である品川・内藤新宿・板橋・千住(江戸四宿)が有名であるが深川や本郷の根津などが有名であった。吉原は格式も高く玉代が高い他に色々なしきたりなどがあったが、岡場所は格式張らず代金も安く気軽に遊べる場所として利用されていた。

籠女籠女(かごめかごめ)
『かごめかごめ 籠の中の鳥は いついつ出やる 夜明けの晩に 鶴と亀と滑った 後ろの正面だあれ?』
一説では童謡「かごめかごめ」は遊郭に売られた少女の事を謡ったものであると言う。
カゴメ=籠女(吉原などの遊郭に売られ逃げ出せない遊女=籠の中の女)。
籠(女)の中の鳥(=胎児)。
いついつ出やる(=何時になったら出てくるのか?)。
夜明けの晩(=光を見る前であり胎児の視点では臨月)。
鶴と亀と滑った (=長寿の象徴である2つが滑るということで死を表している)。
後ろの正面(逆の存在・取り憑いていた存在・水子の霊魂)。
三世相「福島屋」でもあるように、避妊具のない江戸時代に遊女の望まれない妊娠は激痛を伴う堕胎薬を用い金銭の乏しい場合は無慈悲な折檻によって強制的に中絶させられという。


禿(かむろ)
花魁の身の回りの雑用をする10歳前後の少女をいい、禿の修業を終えてのち遊女となった。「かぶろ」とも。教育は姉貴分に当たる遊女が行った。禿(はげ)と書くのは下の毛が生えそろわない少女であることからの当て字である。
参考:常磐津「戻駕」

禿立ち(かむろだち)
遊女になる前の見習い期間。かぶろ3の年ごろ。

起請誓紙(きしょうせいし)
自分の言動に偽りのないことや約束に違背しないことを神仏に誓って書き記すこと。その文書。遊女を身請けする約束をした契約書の様なもの。

伽羅(きゃら)
伽羅木(きゃらぼく)という香木の一つ。江戸時代では金銭のこと。

玉代(ぎょくだい)
=揚げ代。

切禿(きりかむろ)
童女の髪を結わずに短く切りそろえ被せたように見える髪形。禿。
参考:常磐津「蜘蛛の糸」

妓楼(ぎろう)
遊女を置いて客を遊ばせることを業とする店。遊女屋。女郎屋。

口舌(くぜつ)
口先だけのもの言い。男女間の痴話喧嘩。

廓詞(くるわことば)
遊郭で遊女が使った言葉・言葉遣い。里詞(さとことば)、花魁詞(おいらんことば)、ありんす詞(ありんすことば)などともいった。「~なんし」「~ありんす」等。各地から親に売られてくるため故郷の地方方言(訛り)を隠すために使われていた。

傾城(けいせい)
その美しさに夢中になると城が傾向いてしまうほど絶世の美女。近世では特に太夫・天神など上級の遊女をさす。

格子女郎(こうしじょろう)
遊女の階級の一。吉原では太夫の次位。局(つぼね)の上の位。また、遊女屋の表通りに面した格子の中に控えていた。格子とも。

細見(さいけん)
江戸時代から明治期まで発行された遊郭の案内書。略地図、家並図、妓楼(ぎろう)名、遊女名、遊女の階級合印(あいじるし)、揚代(あげだい)、芸者名、年中紋日(もんび)などを記したもの。

座敷持ち(ざしきもち)
江戸新吉原・品川などの遊女で部屋持ちの上の位の者。専用の座敷を持つところから。

三大遊郭(さんだいゆうかく)
大坂の新町遊廓、京都の島原遊廓、江戸の吉原遊廓は三大遊廓と呼ばれて大いに栄えた。新町の夕霧太夫、島原の吉野太夫、吉原の高尾太夫などは名妓(寛永三名妓)と言われ有名。この他にも江戸時代には全国20数箇所に公許の遊廓が存在した。最大の遊廓は江戸の吉原で新吉原ができた頃(参照:吉原の項)には300軒近い遊女屋があったと言われている。
参考:常磐津「戻駕」

散茶女郎(さんちゃじょろう)
江戸吉原の遊女の階級の一つ。太夫・格子女郎の次位で埋め茶女郎の上位。安永(1772~1781)年間に太夫・格子が絶えてからは最上位。のち、更に呼び出し・昼三(ちゅうさん)・付け回しに分かれた。

三枚歯下駄(さんまいばげた)
花魁が履く黒塗りの下駄。大きく重いので普通には歩けないので八文字という特殊な歩き方をする。

浄閑寺(じょうかんじ)
新吉原遊郭近くにある身寄りのない遊女や行き倒れを投げ込んだ寺(投げ込み寺)。

辛気(しんき)
面倒であること。はっきりしなくていらいらすること。気が重くなること。その様な客。

心中立(しんじゅだて)
愛情の不変を誓い合う旨を証拠立てること。誓詞・放爪・断髪・入れ墨・切り指・貫肉などがある。

私娼(ししょう)
娼婦に公に営業の許可をあたえる制度がある場合、娼婦のうち公の営業許可を得ていない娼婦。公(おおやけ)に営業を許された公娼に対する。

島原(しまばら)
京都にあった公許の遊郭。東西99間、南北133間、周囲に堀をめぐらし京都唯一の公許遊廓として栄え元禄の最盛期には揚屋24軒・茶屋20軒・太夫13人を数えた。

辛気(しんき)
面倒であること。また、はっきりしなくていらいらすること。気が重くなること。そのような客。

新造(しんぞう)
振袖新造とも。遊郭用語。なまって「しんぞ」。禿あがりの姉女郎の部屋に同居中の者。吉原では禿が14歳ぐらいになると姉貴分の遊女の働きかけで新造として披露した。このとき歯黒めはするがまだ振袖を着ていたので「振袖新造」といい、姉女郎の名代を勤めたりする見習の遊女であり修行や人気など時期をみて袖留をしたうえ部屋を与えて(→部屋持)一人前の遊女にした。多忙な花魁の名代として客のもとに呼ばれても床入りはしない。しかし、稀に密かに客を取るものもいた。その代金は「つきだし」の際の費用の足しとされた。振袖新造となるものは格の高い花魁となる将来が約束されたものである。

新町(しんまち)
大阪で唯一公許された遊郭。揚屋の数は十二軒(吉田屋・大和屋・木村屋・高島屋・住吉屋・井筒屋・茨木屋・扇屋など)があり相当賑やかで派手であったとされる。

女衒(ぜげん)
遊女達を全国から集めて郭へ供給する調達役。表向きは年季奉公の前借金渡しの形だが実態は人身売買。中には人さらいと通じている悪質な者もいた。人買い。

太鼓新造(たいこしんぞう)
遊女でありながら人気がなく、しかし芸はたつので主に宴会での芸の披露を担当した。後の吉原芸者の前身のひとつ。

太鼓持ち(たいこもち)
宴席などに出て客の機嫌をとり、その席のとりもちをすることを専門職とする男。幇間(ほうかん)とも。

高尾太夫(たかおだゆう)
寛永三名妓の一人。江戸新吉原の三浦屋に伝わる大名跡。吉原の太夫の筆頭ともいえる遊女名。吉原で最も有名な花魁で、その名にふさわしい遊女が現れると代々襲名された名跡。何代目まで続いたかは諸説あり、6代説・7代説・9代説・11代説の4説がある。3代目の水谷高尾は江戸半太夫(半太夫節創始)の妻であったり、長唄・清元節・荻江節に登場するなどしている(高尾懺悔)。

伊達兵庫(だてひょうご)
花魁の格式に相応した壮麗絢爛な髪型。文金高島田の髷を大きく左右に張り松や琴柱をあしらった簪を左右に計六本、珊瑚大玉の簪を二本、鼈甲の櫛を三枚挿したもの。
参考:歌舞伎『助六由縁江戸櫻』の三浦屋揚巻、『壇浦兜軍記』の阿古屋。

太夫(たゆう)
遊女・芸妓における太夫の称号。江戸時代初期に誕生し当時は盛んだった女歌舞伎の芸役者が「太夫」と呼ばれたのが始まりだといわれる。やがて遊廓が整えられ遊女の階級性が確立。「太夫」は美貌と教養を兼ね備えた最高位の遊女に与えられ、公許の遊郭(京の嶋原、江戸の吉原、大坂の新町)に配置されるようになり、吉野太夫・高尾太夫・夕霧太夫ら(寛永三名妓)を輩出した。主に公家・大名旗本ら上流階級を相手にしていたが、太夫を相手にするには高額の費用が必要とされたので宝暦年間には吉原で太夫が消滅し、代わって「散茶(さんちゃ)」と呼ばれる遊女が「花魁」(おいらん)と呼ばれるようになり主流になる。一方京・大坂には「太夫」の名は残り別名「こったい」と呼ばれた。

太夫職(たゆうしょく)
=松の位。

猪牙(ちょき)
屋根のない舳先のとがった細長い形の小舟。江戸市中の河川で使われ、特に浅草山谷にあった新吉原へ通う遊客に多く用いられた。山谷舟。

つきだし
花魁としてデビューし水揚げを迎える日。

手管(てくだ)
人をだます手段。人をあやつるかけひき。特に遊女などが客をたらしこむ手際。手練とも。

天神(てんじん)
上方の遊女の等級の一。太夫の次位。揚げ代は25匁であった。

留袖新造(とめそでしんぞう)
振袖新造とほぼ同年代であるが禿から上級遊女になれない妓、または10代で吉原に売られ禿の時代を経なかった妓がなる。振袖新造は客を取らないが留袖新造は客を取る。しかし、まだ一人立ちできる身分でないので花魁につき世話を受けている。

二階回し(にかいまわし)
遊女と客が寝る部屋の全般を取り仕切る役の人。遊女が特別な用事が無い時に部屋を抜け出した事が分かると部屋へ連れ戻す事も役目の一つ。

八文字(はちもんじ)
三枚歯下駄(花魁が履く黒塗りの下駄)は重いこともあって普通に歩くことが出来ないため、吉原の「外八文字」、嶋原の「内八文字」などと呼ばれる独特の歩き方をした。きちんと八文字で歩けるようになるには3年かかったともいわれる。

張り店(はりみせ)
品定めする男客に売り込むため置屋の店頭に並ぶ事。客と張り見世をする遊女の間は格子で仕切られた。張り見世とも。

番頭新造(ばんとうしんぞう)
花魁につく器量が悪く遊女として売り出せない者や年季を勤め上げた遊女が務めマネージャー的な役割。密かに客を取ることもあった。

引き手茶屋(ひきてぢゃや)
遊郭で客を遊女屋へ案内する茶屋。

部屋持(へやもち)
部屋持ち女郎の略称。江戸吉原の遊郭で自分の部屋を持つ女郎。座敷持ちの下位で揚げ代は昼夜一分から二分。

幇間(ほうかん)
宴席などで客の機嫌をとり酒宴の興を助けるのを職業とする男。太鼓持ち。男芸者。

忘八(ぼうはち)
遊女屋の当主。仁・義・礼・智・信・孝・悌・忠の8つの「徳」を忘れたものとされていた。

籬(まがき)
遊郭で見世(みせ)と入り口の落ち間との間にある格子戸。

松の位(まつのくらい)
秦の始皇帝が雨宿りをした松を大夫(たいふ)に封じたという故事から「太夫(五位の官)の異称」。 また、遊女の最高の地位。太夫職。

間夫(まぶ)
情夫。まおとこ。遊女の情夫。

廻し部屋(まわしべや)
一晩に2人以上の客の相手をするような位の高くない遊女のいる部屋。

身請け(みうけ)
客が遊女の身代金や借金を支払って勤めを終えさせること。大見世の花魁では数千両にも上ったともいう。

三浦屋(みうらや)
新吉原にあった妓楼。高尾太夫や揚巻太夫(参考:助六所縁江戸櫻)を輩出している。

水揚げ(みずあげ)
遊女・芸妓などが初めて客と接すること。

見世(みせ)
遊女屋の道路に面した格子つきの部屋。

飯盛女(めしもりおんな)
奉公人という名目で半ば黙認されていた日本の宿場の私娼。その名の通り給仕を行う現在の仲居と同じ内容の仕事に従事している者も指しており一概に売春婦のみを指すわけではない。

紋日(もんぴ)
官許の遊郭で五節句などの特に定めた日。この日遊女は客をとらねばならず客も揚げ代をはずむ習慣であった。

遣手(やりて)
遣り手の婆とも。遊女屋全体の遊女を管理・教育し客や当主、遊女との間の仲介役。従業員。難しい役どころのため年季を勤め上げた遊女や番頭新造のなかから優秀な者が選ばれた。店に一人とは限らなかった。

夕霧太夫(ゆうぎりだゆう)
寛永三名妓の一人。何時どういう風に嶋原に入ったか不明であるが「扇屋」の太夫となり、のちに扇屋が大坂(大阪市)の新町に移転したため新町の太夫となる。ここから大坂の太夫は生まれるのである。姿が美しく芸事に秀でた名妓であった。若くして病没すると大坂中がその死を悼んだという。享年は22とも27とも伝えられる。
参考:常磐津「吉田屋」

指切り(ゆびきり)
男女(客と遊女)がする心中立の一つ。指切は遊女が客に対する心中立てとして小指の第一関節から指を切って渡したことに由来している。これにはかなりの激痛が伴うため「それほど愛してる」ということを意味し、貰う客も遊女の思いに応えるくらいの気構え(大金を用意し身請け、出来なければ心中)が必要であった。指切りげんまんの語源。

吉野太夫(よしのだゆう)
寛永三名妓の一人。京都の太夫に代々伝わる名跡であり初代から10代目まであったと伝えられる。初代吉野太夫は安土桃山時代の人物で本阿弥光悦などの文化人と交流があったとされており、現代においては吉川英治作「宮本武蔵」における登場人物として知られている。

吉原(よしわら)
慶長17年(1612年)、駿府(今の静岡市)の二丁町遊郭から遊女屋を移して日本橋人形町付近に遊廓が造られこれを吉原遊廓と呼んだ。吉原遊廓は明暦の大火で焼失。その後浅草山谷付近に仮移転の後すぐに浅草日本堤付近に移転した。人形町付近にあった当時のものを「元吉原」、日本堤付近に新設されたものを「新吉原」とも言う。

吉原大門(よしわらおおもん)
遊郭の正面入り口の大きな門。遊女にとっては鳥籠に例えられる囲まれた廓に唯一外界と通じる出入り口。遊女は死んだ時か身請けされた時にしか廓から抜け出せなかった。逃げ出そうとしたものは激しく折檻されたという。

吉原五町(よしわらごちょう)
江戸町1・2丁目、京町1・2丁目、角町(すみちょう)の5町。

吉原細見(よしわらさいけん)
郭ごとに遊女の名を記したガイドブック。当時のベストセラーの一つであったといわれる。

四ツ手駕(よつてかご)
廓通いに用いられた、四方の柱を竹で作った粗末な駕。

呼び出し(よびだし)
花魁は吉原の遊郭で最も格の高い遊女で張り店を行わないため引手茶屋を通して「呼び出し」をしなければならなかった。呼び出された花魁が禿(かむろ)や振袖新造(しんぞう)を従えて遊女屋と揚屋・引手茶屋の間を行き来することを滑り道中(後に花魁道中)と呼んだ。

悋気(りんき)
男女間のことなどでやきもちをやくこと。嫉妬。